Books The Guardian

wordery Buy Books Online, Over 10 Millions Books

read Outrageous Science mobi ´

book Outrageous Science

read Outrageous Science mobi ´ ↠ ☂ [PDF / Epub] ☁ Outrageous Science, By 大森 正司 ✐ – Feedmarkformulate.co.uk 緑茶、紅茶、ウーロン茶さまざまあるお茶は、すべて同じ「チャ」の樹の葉からできたもの。製造過程で、茶葉の中で多様な変化が起こり、そのお 緑研究して50年の“お茶博士”が、誰にでもできる「いつもの煎茶を“玉露”にする淹れ方」も伝授読めばお茶の味わい方が変わる、驚くほどおいしくな? タイトル通りに、お茶の植物としての育成から様々なお茶の作られ方、淹れ方によってどの成分がどの速さで出てくるか、等まで押さえているコンパクトな一冊。茶の分類や歴史は類書でも見られるが、淹れ方と味の成分の出方の関係のデータをとっているのは「科学」を名乗るだけあって独特で面白い。煎じ回数を増やすと、うま味はすぐに減少するが、渋みは三度目から減少、うま味抽出は蒸らし時間2分がピーク(渋みは緩やかに増え続ける)、茶葉の量とうま味は長く比例するが渋みは5g200ml程度以降はほとんど増えない、など。うま味は低温(40度以下)の方が出やすく、渋みは温度を上げるほど出るというのも面白い。お茶ごとの淹れ方ガイドもあるので参考になる。ちょっと細かすぎる内容の部分もあるが、お茶好きの人は楽しめる一冊だろう。

大森 正司 Ú epub

しい色、香り、味が生まれます。「お茶のおいしさ」とは何なのか? 5000年以上にわたる茶のルーツをたどり、最新研究からその秘密に迫ります。お茶を 中国茶の記述は、いささか情報が古いですが、それ以外は十分使えます。

kindle æ Ú 大森 正司

Outrageous Science 緑茶、紅茶、ウーロン茶さまざまあるお茶は、すべて同じ「チャ」の樹の葉からできたもの。製造過程で、茶葉の中で多様な変化が起こり、そのお茶ら タイトルには「科学」と入っているので、難しいイメージはありましたが、専門書にありがちな説明的な形式ではまったくありません。著者の人柄なのか、ライフスタイルを通してお茶の世界を教えてくれます。私のような初心者でも読み終えるとしっかり知識がつきました。お茶への愛情に溢れた素晴らしい一冊です。