Books The Guardian

wordery Buy Books Online, Over 10 Millions Books

PDF Ü BOOK 名探偵テスとミナ 金色のドレスを追って

KINDLE 名探偵テスとミナ 金色のドレスを追って

PDF Ü BOOK 名探偵テスとミナ 金色のドレスを追って ã [KINDLE] ❅ 名探偵テスとミナ 金色のドレスを追って (名探偵テスとミナ 2) By ポーラ・ハリソン – Feedmarkformulate.co.uk ★☆★ふたごみたいにそっくりな、メイドとプリンセスの謎はプリンセス。 立場はちがうけれど、ふたりは大親友です。 どんなときもお互いを信頼し、友だちがこまっているときは手をさしのべ。 「メイドもプリンセスも、どっちもいいなあ」とあこがれ、 「こんな友だちがいたらなあ」とテスミナのファンになることまちがいなし ●イギリスの児童文学作家ポーラ・ハリソンの最新作 「王女さまのお手紙つき」シリーズ学研プラスで大人気の作者の新作。【あらすじ】 ぺブリル城にやってきたお客さまのため、テスのお母さんが新しいドレスを仕立てることになりました。 でも、ほんの少し目をはなしたすきに、なぜか金色のドレスだけ行方不明に。 い

ポーラ・ハリソン Á 名探偵テスとミナ 2 READER

ったいどこへ? 町をかけめぐるテスとミナ 今回もあやしい人たちがぞくぞくでてきて。【人物紹介】 ミナ10さい ・ラバニア国のプリンセス ・ぺブリル城にすんでいる ・特技はケーキづくり ・メイド服を着るのがすき ・ダンスは苦手 ・おとながいう「プリンセスらしいこと」は全然おもしろくないと思っている ・1歳になる弟がいる テス・ウールヘッド10さい ・仕立て屋のむすめ ・3年前からぺブリル城でメイドをしている ・特技はダンス ・すきなことは乗馬 ・ダンスや乗馬のレッスンを受けられるし、プリンセスになるのも悪くない ・でもずっとドレスを着ていたい、とは思わない ・ひとりっ? 架空の国のお姫様とメイドは、見た目そっくりの同い年で大の仲良しという設定。そしてそれを利用して時々入れ替わっては、周囲を惑わしたり、相手の立場に成りきったりといったエピソードを交えながら、シリーズのテーマである事件の解決に大活躍というストーリーです。児童向け(主人公二人は10歳という設定なので対象読者層もその辺りですが、漢字にはルビがあるので低学年でもOKです)のお話しとはいえ、物語はいたってシンプル。どちらかというと幼児向けの絵本にありがちな、イメージ通りのキャラクター達による想定内の展開です。日本の児童文学だと、もうちょっとヤマ場やらドンデン返しやら、読者サービス考えてあれこれ意表を突くようにヒネるよなぁという気がしなくもありません。まあ、その代わりにサクサクと読み易く、アニメキャラクター風のイラスト(日本版オリジナルと思われます)により親しみ易くもあるので、読書が苦手な子でも苦にならないと思います。ただ、大人として気になるのは、翻訳本であるからには元々の挿絵があったはずなので、本国オリジナル版ではどんな絵柄を採用していたのかなぁと思いました。

PDF ↠ 名探偵テスとミナ 2 Á ポーラ・ハリソン

名探偵テスとミナ 金色のドレスを追って 名探偵テスとミナ 2★☆★ふたごみたいにそっくりな、メイドとプリンセスの謎解き物語、第2巻★☆★ ●「親友となら、どんななぞだってとける 」 舞台は、お城。 主人公は、10歳のメイドテスと、10歳のプリンセスミナ ふたごみたいにそっくりなふたりは、ときどきこっそり入れ替わって、 お城でまきおこる事件にいどみます。 小学3・4年生から読める、イギリス発の本格ミステリー。 ●「いったい、はんにんはだれ?」 つぎからつぎへと登場する、あやしいおとなたち。 テスとミナといっしょに物語のなかをかけめぐり、 読書を楽しみながら「考える力」が育まれる。 ●とびきりの友情物語 テスはメイドで、ミナ 一人で楽しそうに読んでいます。もう少し絵がたくさんあったらいいのにーとは言っていますが。